床リフォーム

床リフォーム業者のおすすめは、一括見積もりが探しやすい!

床リフォーム口コミ

床のリフォームをお考えですか?

 

床のリフォームは、「完全にフロアーを張り替えるか?」「クッションフロアーを使って費用を抑えるか?」など様々なやり方があります。

 

しかし、いい加減なリフォーム業者だとすぐに張り替えることを強要して高額のリフォームを請求される可能性があるので注意が必要です。

 

やはり、床のリフォームをする際は、客観的な厳しい基準をクリアーしたリフォーム業者から選ぶことが大切です。

 

現在、そういったリフォーム業者のみ加盟している無料の一括見積もりサービスが人気です。

 

まずは、お気軽に相談感覚で見積もりを依頼してみることをおすすめします。複数のリフォーム業者の見積もりを比較できるので選びやすいです。

 

リショップナビ無料一括見積もり

床リフォームの相場を知って業者を比較

床リフォームを考えているのであれば、まずは業者の比較検討から始めることがおすすめです。同じ内容のリフォームであっても、施工にかかる費用は業者によって異なります。1社のみの見積もりの場合、提示された金額が相場よりも高くても気づくことはできません。予算を超えていれば、他の業者でもう一度見積もりを取るという選択もできますが、予算内の金額を提示された場合は、高くても気づかずに契約をしてしまう可能性があります。

 

例えば、6畳の部屋をフローリングに変える場合、15万円前後が相場です。ただ、これは最も安い素材を選んだ場合で、素材によっては30万円以上必要になることも少なくありません。ただ、これは相場であって、業者によっては15万円以下で施工が可能ということも少なくありません。1社のみでなく、複数の業者で見積もりを確認すれば、相場より安く床リフォームをしてくれる業者を見つけることができます。更に、他の業者の見積もりを知っていれば、本格的な見積もりの段階になった時に、価格交渉をすることも可能です。そのため、床リフォームの前には、複数の業者で見積もりを取っておくことがおすすめです。

 

現在は、戸建てやマンションなど住居のタイプとリフォーム内容、築年数やリフォーム時期などの情報を入力するだけで、手軽に複数の業者の見積もり額を確認することができる一括見積もりのサービスもあります。活用をすれば、リフォーム費用の相場を把握することができるだけでなく、利用可能な業者を知ることができるというメリットもあります。そのため、少しでもお得に床リフォームをしたいのであれば、一括見積もりを活用し、費用の比較検討をしておくことがおすすめです。良い業者を見つけることができれば、狭い部屋でも相場よりも数万円、広い部屋になると10万円以上安くなる可能性があります。それだけに、床リフォームをする前には、業者の比較検討をしておいて損がありません。

リフォームに国や自治体が補助金を出すって本当?さらに減税も

床リフォーム

現在、リフォームを考えている人は多く、また時代の要請からもリフォームが求められているといえます。エコな住宅の方が、環境面でも経済面でも優しいため、資金に余裕があればリフォームを選択したい人が多数です。また、築30年を超えると建築基準が異なる物件も存在し、防災面でも危険だといえます。さらに、高齢化に伴うバリアフリーの要請もあります。しかし、全員がリフォームを適切に行うだけの資金を持ち合わせていないように思えます。そのため、資金が少ない人がリフォームを行うためには補助金などの支援が必要だといえます。では、国や自治体などの行政が、リフォームを補助するためにどのような政策を行っているか説明します。

 

国が行う支援としては、「長期優良リフォーム補助制度」と「介護保険制度によるバリアフリー化のリフォーム補助制度」などがあります。これらは、補助金の給付という形をとります。実際にリフォームに費やした額の一定割合を、限度額を設けて補助金という形で支援する形です。特に、長期優良住宅にするリフォームには最大200万円の補助金が受けられる点が特筆すべきことです。

 

自治体が行う支援としては、自治体ごとに様々な補助金制度があります。自分が住んでいる自治体のホームページを調べると、良い情報が見つかるかもしれません。ただ、目的が地域を経済的に盛り上げることとしている側面もあり、国が目標とする住宅の性能向上とは異なる趣旨で補助金などの支援が行われる場合もあります。そのため、地域の建設業者でリフォームする場合のみ補助金の対象となる自治体もあります。最後に紹介するのは、リフォームで減税が行われていることです。耐震やバリアフリー、環境面で一定の条件を満たすと認められれば、所得税や固定資産税の一部減税という形で優遇されます。それらの減税措置は、補助金を受けていても適用されるため、二重にお得だといえます。行政の支援を十分に受けられる現在において、リフォームをすることは個人にも行政にも必要だといえます。

DIYとプロで悩んでいる人必見!リフォーム別の比較ポイント

床リフォーム

自宅を綺麗にリフォームしたいと考えている人の中には、近年需要が増加傾向にあるDIYにするかプロに依頼をするかで悩んでしまう人も少なくありません。一口にリフォームと言っても、行う場所によって難易度や必要な費用が変わるため、その見極めも重要になります。DIYで行なうのに適しているリフォームとしては壁紙の貼り替えや床のクッション材の設置などです。こちらは専門の知識や技術を持っていない人でも簡単に行なえるため、DIYでも特に問題はありません。一般的な広さの6畳程度の部屋であれば3万円前後の費用の節約が可能です。ただし床のクッション材は部屋に限らずトイレや浴室で使用するケースも多く、もし水周りの設備のリフォームも検討しているのであればプロに依頼をして一緒に行なってもらう方が安く済みます。

 

一方でプロに任せた方が良いとされるリフォームが床のフローリング材への交換や壁塗りといった作業です。分譲マンションなどで購入時にカーペットになっている部屋の床をフローリングに交換したいと考える人も少なくありません。もちろんこの作業もDIYとして行うことは可能です。しかし、フローリングは使用する商材によってその難易度は大きく異なります。そのため、床の材質にこだわりを持ちたいという人はできる限りプロに任せるほうが無難です。

 

壁塗りに関しても同様のことが言えます。ただ壁塗りをするだけであればホームセンターで専用の道具を購入してくれば素人でも可能です。とはいえ、凹凸なく平滑に塗るという作業は思っている以上に技術が必要で、当然塗る面積が広いほど難易度が高くなることは否めません。見た目にこだわりがなければ問題はありませんが、綺麗な仕上がりを望む人は左官屋などのプロに依頼をする方が安心です。そのほかにも、戸建て住宅に多い庭のウッドデッキの施工なども、仕上がりや安全面といった点でDIYよりもプロに依頼をする方が良い場合があります。プロに依頼する際の見積もりは、ネットの一括見積を利用すると簡単に複数の見積もりを取ることができます。見積もり結果を検討し、DIYで困難な部分はプロに任せたほうがいいでしょう。

リフォームするためのローン?審査って何を審査するの?

床リフォーム

通常家を建てる場合には住宅ローンを利用する人が多いのですが、この考えと同じようにリフォームをする場合にもリフォームローンと呼ばれる借入を利用できるようになっています。これによって予算では足りなかった大規模なリフォームも検討しやすくなっていますし、効率よく住宅をリフォームできるようになるところがメリットです。

 

そんなリフォームローンはローンなので利用する前には当然審査を受ける必要があり、審査を通過してから希望する金額の融資を受けられます。そこで気になってくるのが、リフォームローンの審査ではどのようなポイントが審査基準となっているのかです。リフォームローンの審査は「借入時および完済時の年齢」や「最低年収」、「返済負担率」、「勤続年数」、「健康状態」があります。年齢に関しては多くの金融機関で「借入時は70歳、完済時は80歳」を上限としているところがほとんどなので、高齢となった両親の実家をリフォームする場合は子供がリフォームローンを借りて対応するケースもあるようです。また勤続年数に関しては住宅ローンよりも短く設定されているところが多いのが特徴で、ほとんどの金融機関で「1年から2年以上」と設定されています。ただし自営業の場合は「2年以上の継続した事業収入があるか」がポイントとなっています。

 

ほかにも返済負担率については、ほかに利用しているローンがあればそちらも併せて検討されます。複数のローンを利用しているなど負担率が高くなってしまうと審査に落とされてしまったり、落ちなくても借入限度額に制限がかかってしまう可能性があるので注意が必要です。ちなみにリフォームローンの審査の注意点としては、事前審査と本審査の2種類がある点が挙げられています。そのため事前審査を通過したからと言って融資が受けられると思っていると本審査で落とされてしまう可能性があるので、リフォーム契約をする際には本契約を通過してからが望ましいと言われています。

知っておいて損はなし??リフォームにかかる期間の目安

床リフォーム

リフォームをする際には費用がいくらになるのか気になるところですが、その次に知りたいことといえば納期ではないでしょうか。いつまで経っても終わらない、反対にあっという間に完成してしまった場合なども、きちんと施工してもらえたのか不安になるものです。そこであくまでも目安ですが、各箇所のリフォームの納期について頭に入れておくと良いでしょう。

 

まずキッチンですが、どのようなリフォームをするのかにもよるものの、大体一週間ほどかかります。解体に一日、床下の補修や排給水管の工事に三日、キッチンの取り付けに三日といった具合です。ただし、キッチンの向きを変えたり、間取りを変更したりするとさらに納期は遅れます。トイレのリフォームの場合は、洋式トイレから新しい洋式トイレに付け替えるリフォームなら、長くても二日ほどで終わります。さらに同じメーカーのトイレを選んでおくと、配管もそのまま使えることが多いですから、一日で終わるケースも珍しくありません。しかし、和式のトイレから洋式トイレへのリフォームは、下水道の工事も含めると四、五日はかかると覚えておきたいです。加えて内装もリフォームしてもらうなら、プラス二日は見ておくと良いです。

 

浴室のリフォームに関してもトイレと同様で、バスタブのみを交換するだけならその日のうちに仕上げてもらえるかもしれません。それに対して昔ながらのタイル張りの浴室からユニットバスへのリフォームなら、一週間は必要です。なぜならタイル張りの浴室の場合、土台にコンクリートが使われているのが一般的で、それを解体するのに時間を要するのです。リビングをリフォームしたい場合、広さにもよりますがフローリングの板の張り替えだけなら三日もあれば終了します。もしも床暖房を追加する、壁紙や配線、収納を増やすなら納期は十日ほどになります。外壁や屋根の葺き替えなどといったリフォームなら早くても一週間で、自宅の大きさや形状によっては一ヶ月はかかるでしょう。